アンガーマネジメントでは4つのことを学びます。

ストレスマネジメント・認知変容・傾聴・アサーティブ

ストレスに伴う怒りの感情 ストレスいっぱいの日々、私たちはそんな中でも自分なりにストレスとうまく付き合って生活しています。自分なりにストレス対処法も身に付けているかもしれません。しかし、一体なぜ、それらをストレスだと感じてしまうかについてはあまり考えたことがありません。

怒り、悲しさ、不安など、ストレスに伴う感情は、その人が持っている認知(物事の考え方、捉え方、価値観など)が影響をしていると言われています。例えば、ある人にとってストレスだと感じられる状況が、ほかの人にも同じようにストレスかというとそうとは限らないですよね。
自分の認知をストレスを感じにくいものに変えることが出来たら、ストレスいっぱいであったはずの毎日は少し違ったものになるのではないでしょうか。

感情をコントロール アンガーマネジメントとは、ストレスに伴う「怒りの感情」や行動の背景にある認知に焦点を当て、それらをより穏やかなものに変えていくことで、自らの力で感情をコントロールできるようになることを目指した「認知行動療法」の理論に基づいた方法です。

1980年代アメリカでいじめや暴力などの予防教育の一環としてはじめられました。その後矯正教育、カウンセリング、医療、福祉、産業、スポーツなどの分野で発展をしてきました。
自分の気持ちを整理して、その場にふさわしい方法で自分の気持ちを表現する対人関係のスキルでもあるのです。

本の購入はこちら